フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「しばし一服」の77件の記事

2018-06-17

映画 「羊と鋼の森」










ピアノの調律師という普段はなじみのない人にスポット

を当てた作品です、こちらも原作はコミックのようですね

ピアノの調律師のお話なのでピアノの演奏場面は欠か

せません、半年特訓をしたという俳優さん、すごいですね

あんなに弾けるようになるんです


ゆったり見れる映画なので気分さわやかになれます

専門的な事は知らなくてもその世界を垣間見る事が

できるのは映画ならではですね

ピアノ調律師になるには学校があるんですね

何事もその道に進むには苦労があります 

2018-06-10

映画 「終わった人」





今年の流行語大賞になるか

「終わった人」

サラリーマンにはいつか定年が来ます

その時までは定年になったらあれこれしよう

などと思っているのですがいざその日がくると...

思うようにならないのは世の常です

その時妻は

ふるさとは

再雇用は

前職と学歴は

あれこれと考えさせられますね

自営業の身には定年は関係ないと言われそうですが

その時は本人の意と関係なく突然の病や事故でやって

来る場合は多々あります

備えは必要ですねー

2018-06-09

映画館のポスターを

Photo_4
Photo_5


新潟市の市民映画館 シネウインド の映画告知

ポスターをお店のウインドに貼らせてもらいました

新潟市で映画ポスターを張っているのは今や

シネウンドのみとなったとのことです

近年はシネコンのみで単館映画館は珍しくなりました

昔は町のあちこちで見かけた映画ポスターですが

ほとんど道行く人の目には入らなくなりました

今まで当店内には目を移さなかった通行人の皆様

が珍しいものを見るようにして眺めていきます

画像の撮り方が難しく反射しています

ぜひシネウンドに足を運んでほしいものです


このポスター、映画公開後には不要となります

ご希望者にはお譲りしますのでメールにて

予約連絡をお願いします、当店に取りに

来られる人限定です

お部屋に映画ポスター、なんて素敵ですよ

2018-06-03

恋は雨上がりのように










映画の前にはメーキングはいかがでしょうか



17歳の高校生と45歳のおじさんが恋をする

まるで映画のようですが、映画です

大泉さんのボケ具合がとても面白いですよ

おじさんも若いときを懐かしんでも良いし

純な心を羨むもまた良し

見た後は少し若返った気分でした


作品は こちら 

2018-05-27

映画 「家族はつらいよ3」





山田洋次監督作品 です

最近はこのようにゆったりと楽しめる映画は

少なくなった気がします

近年はめずらしい3世代家族です、いいですねー

今回は主婦が反旗を翻す話です

身につまされます

では終わりは平和です

山田監督にはこのような映画を作り続けてほしいですね

ご夫婦でいかがでしょうか

2018-05-20

「映画」蚤とり侍

コメディーなのかどうか、微妙ですが楽しめます

阿部寛と豊川悦司さんがいい味出しています

豊川さんは毎朝NHKの朝ドラでお目にかかってますが

こちらではまた違ったあじですね、役者さんなので

当たり前ですが



2018-05-13

映画「らぶXドック」





気になる女優 吉田 羊 さん主演映画です

大人の女性の恋愛映画?コメディータッチで

楽しめました

大人の女性もいいですねー

結局あの注射はなんだったんだろう?

2018-05-06

夫婦を交換しました?

旅先で知り合った夫婦が意気投合して

お互いのパートナーを交換して、さらに

一緒に住むことになった?

さらにお互いの夫婦には同じ年の高校生男女

の子どもがいるのだ

これはいったいどんな家になるんだろう

夫婦の話と思ったら若い男女の恋物語でした

でも面白かった

10年以上前にはアニメになっていたとのこと

原作はコミックらしいですね

2018-04-22

安寿と厨子王

_n_2

12_o_2
 
新潟県は上越市 高田に行ってきました

 高田世界館 という106年たつ映画館です

だれもが一度はみたことがある安寿と厨子王です

ほんとは山椒大夫というのですが近年まで

安寿と厨子王の悲しい話として覚えてしまっていました


今回は人形浄瑠璃です

人が後ろで黒装束をまとい人形を操ります

人形は命が宿り生きているかのごとく観客を魅了します

猿八座 と言う劇団でヨーロッパ公演もするという

ことでその実力は素晴らしかったです

午前・午後四時間の公演は演じる方もすごいですが

観客もすごい、自分は映画を続けて二本見ることが

あるので慣れていますがほぼ満席のみなさん

お疲れさまでした

お昼は映画館近辺のワインバーのランチを

いただきました、店内はワイン瓶で囲まれていました

今度はワインの身に行きたいですね

高速バスなら片道2000円なのでこのプランも

ありですね

2018-04-09

タコ足配線で

タコ足配線 以前は良く聞かれた言葉ですが

危険なことは知られていても、ついしてしまうのでしょうか


元記事は  こちら  

より以前の記事一覧